サッカーにおける指導方針

1.個々のレベルアップを目指すため、個々の選手のボールタッチ数、ボールをもったときの判断が多くなるような、試合内容を目指す。


2.U12年代においては、GKも含めたすべてのポジションができます!を目標に、すべてのポジションを経験させる。

 

3.現代のサッカーを研究することで、子供たちが未来に必要になる技術を予測し、それらをトレーニングに繋げる。

 

4.何十年間も変わらないサッカーの基礎的なルールを伝える。

 

5.自分でプレーの判断をさせるため、指導者は試合中に過度なコーチングをしない。